4
もう一度いてくれ
だから水ようかんたんだてば
 タフは盛大にため息をつくあのなと子どもにいい
聞かせるようにゆくりとタフは言葉を続けた
ヘリウムを倒れさせるほど測定をさせちまたことは
悪かたと思てる測定を急がせたのは確かにオレだ
それについてはさき謝ただろうだからな悪ふざ
けはやめてくれ
残念ながら悪ふざけじないんだな
 ダブルはぴんと木製の椅子から飛び降りた
どこにいくヘリウムの見舞いならオレもつきあうぞ
しつこいなヘリウムくんなら大丈夫だぼくの
顔を見ないほうが返て身体にいいくらいだよ
 ダブルはスキプでタフを後にしたおい待てや
とタフがダブルの後につく
ラボに戻るんだよ冗談でいているんじない
ことを教えてあげよう奇跡的に2週間後にリチウムの
解析が終わていたとしてもあの黒色直方体の検体は
どんどん転送されているからなきりがない
 ダブルはくるりと回てタフの正面を見た
タフが混乱しないよう早めに教えてあげようという珍
しくも心優しいぼくのサビスだよ納期の遅れた20
0件分くらいとチラにしてもいいくらいのサビスだ
 技術開発部内のカフの前でとまてダブルはタフを
下から見上げた白衣のポケトに両手を入れて斜め
45度の角度でタフを見上げる
どうする? 聞きたくないていうならぼくは別の仕
事をするけどねタフだて仕事が詰まているんでし
? 社員カフに来たのだてぼくを連れ戻しに来た
んじなかたの? よかたな当初の目的は達成さ
れたというわけだ
 タフがこぶしを握る唇も噛んでいる
 とおりすがりのシフがタバコをふかしつつ茶々を入
れる
なんだお前らが飲みたいのか? いまなら

うどヒマだから挽きたての豆でいれてやるぞ
と変わた豆が手に入たからな
 シフの言葉で弾みがついたのかタフはダブルに啖
呵を切る
わかた! きちりお前の話を聞いてやるぜオレ
にわかるようかり説明してみろや
 大袈裟だねえと肩をすぼめてダブルはアンノウン係
のドアを開ける
 ダブルはドアの前で立ちすくむ
 ラボの中はダブルがカフへ避難するよりもいそう
殺伐とした状況になていた転送機からあふれた黒色
直方体の検体がうずたかく山となて作業台に流れ込ん
でいた水素は検体に半分埋もれながら頭をかきむしり
つつぶつぶつとつぶやいていたもはや黄色の椅子に
体育座りをしている
 転送機からあふれでた黒色直方体の検体の山影のせい
灯の消えた壁面装置周辺はより暗さを増していた
その奥にいるリチウムが映し出す5台のパネルが作業台
の上でおどろおどろしい光を放ていたおどろおどろ
しい光に照らされたリチウムの顔は目と鼻だけが強調さ
れてホラ映画の悪霊のような面持ちだ目の下の隈が
さらにホラ映画の雰囲気をかもしだしている
 ラボを見たタフがうおおと低くうめいていた
なんじありと壁面装置を指差してあれじ
まるで黒い森じないかとダブルとおなじ感想を
口にする
 ぴくりとダブルの眉が動いたタフとこのぼくが同じ
発想だて? 冗談じないよぼくは見た目どおりの
壁面装置の様相だけの比喩で黒い森ていたんじ
ないんだからね
黒い森ていたらルツヴルトでし
3世紀前のドイツでルツヴルトの森
が酸性雨の被害にあて木々が枯渇したていうとこ
ろまでを含んでいまのヘリウムくんが不在の壁面装置
は水素くんやリチウムくんの酸性雨的被害というか
放置によ黒い森になているていう深い意

味があるんだから我ながらわかりにくい比喩だ
エヘヘそうだね
 ダブルは気を取り直して自分のスペスにタフを手招
きした
タフにわかるように説明するにはどうしたらいいかな
百聞は一見にしかずてやつだろうそうだねまあ
早くこちに来てこのデタを見てリチウムを蹴飛ば
すなよリチウムくんにまでフリズされたらアンノウ
ン係は完全機能停止になるからね
 無茶いうなやと文句をたれつつタフは意外に器用
に検体やら書類やらメモ書きの紙やらを避けてダブルの
前までやてきたほほう無神経でもリペア部員
体能力は高いねえ伊達にバカみたいな訓練を積んでは
いないということか
まあ適当に座てよ
 ダブルはキラメル色の椅子に座るとパネルに指を走
らせモニタを映し出した適当に座れといてもよ
とタフはあたりを見回すようやくヘリウムの黄緑色の
椅子を見つけて手に取
 その間にダブルは作業台上部のモニタにヘリウムが
測定をした2万個体の検体デタを投影した黒地に緑
色の数字が左上から右下に向かて表示されていく
フが椅子を持てダブルの元へやてきてからもなお1
0分以上かけて表示は続いた生デタなのでダブル
が初めてヘリウムの測定デタを見たときと同じだけの
時間がかかる
 最後に右下でエンドマクが点滅したところでダブ
ルはタフに振り向いた
とまあこういうわけなんだよ
わかるか!
 だよねとダブルは悪戯ぽく笑
なんどもいうけど詳しい解析はいま一生懸命にリチ
ウムくんがやてくれているよ予定では2週間もしな
いうちに完了するはずだから乞うご期待だね
そうやてお前が無茶をさせるからお前の部下は倒れ
るんじないのか
早く結果を知りたがていたのはタフだよ?

 むうとタフは口を閉じる
それではタフにもわかるようにこの数字からどうし
水ようかんという結論に至るのかを解説しよう
耳をかぽじてよく聞けよ
 10分後
なにをいているのかさぱりわからんオレは理系
ないんだそのへんのおばちんにでもわかるよう
に説明しなおせ
研修で化学とか生物学とか習たでし? 素人みた
いなことをいうな
10年も前のことを覚えていられるか実戦で役に立
たんもんは忘れた
 しかたがないねえとダブルは再び解説を始める
 さらに10分後
うお? すまん寝ちまお前の話し方が面白く
ないなと興味がわくように話してくれ
 あのねえと呆れつつダブルは粘り強く解説を続けた
 そのまたさらに10分後
わかた?
わからん
もうどこが
全部
 そうかこの男バカなんだどこがわからないのかも
わからないんだつきあいきれんなてらんないよ
ダブルがタフに背中を向けようとしたときだダブ
ルの脳裏に職人の姿が浮かぶ頬を染めて青い地球を眺
める職人だすぐな眼差しでいつまでも職人は地球
を眺め続ける職人のふわふわの長い髪が揺れて蝶の髪
飾りがきらりと光る
 んもとダブルは栗色の髪をかきあげたしかたがな
いねえもう少しつきあいますか我ながら律儀な性格
たくだよダブルは咳払いをする
少なくとも2万個体の検体の測定デタがあるてこ
とは見えるよね
おうオレの視力は5.0だいかに薄暗いラボの中
だろうとんと見えているぞ
なんの仕込みもなしで視力5.0てイヌイトの人

たち並だねとにかくオレの親切丁寧な30分にわたる
解説によるとお前が持ち込んだ黒色直方体は水よう
かんわか
そんなわけあるか寝言は寝てからいえ
だからタはウソつかないんだてばぼくが暇
つぶしでデタ改ざんしたところでだよ? この2万個
体の検体の測定デタの値を水ようかんにわざわざ
するにはそれ相当の手間がかかるんだよそんな時間が
たらオレは迷わず反物質の実験をする
 作てみたい試作装置のアイデアでオレの頭はパンク
しそうだとダブルは胸を張そのダブルの胸倉を
タフは白衣ごとつかむ
オレをからかいたいならもう少しましなウソをつけ
なんで水ようかんなんだ水ようかんである必
要がどこにある確かに黒色直方体は水ようかん
姿形をしているがなそれが水ようかんだなんて短
絡的すぎるわ!
お前にいわれたくないわ!
 とダブルは鋭い手刀打ちでタフの手から離れたつい
でに離れ際痛覚が10倍になる液体を注射する
タフはうおおおと雄叫びを上げて床でのたうちまわ
バカめダブルは胸がすく
 まあね食べてみれば一目瞭然ていうか一瞬に理
解できるよねぞくぞくと検体は転送をされてきている
しなそのこと検体をタフの口に突込んじおう
そうすればあのバカもおとなしくなるしな
係長
 水素がなみだ目でダブルの前に立
タフさんで遊ぶのは構いませんけどタフさんに俺の
た書類を壊すようなことをさせないでくださいよ
ホント頼んます
 見るとタフがのたうちまわりつつ水素の作成した書類
を両手で舞い上げていたやれやれとダブルは白衣の
ポケトから鎮静剤を取り出してタフの肩にぶすりと刺
した
水素くんも技術開発部員の端くれならさこれくらい
自分で対処してよね

リペア部員にそんなに薬物多量投与できないすよ
技術開発部に出向させられるタフが悪いんだよ薬物
中毒になるくらいは処罰の一貫さ
 はあそうすねと水素は肩をすぼめて作業台に戻
いい返す元気もないらしいいまならタフがすん
なりと書類を通すような薬物を簡単に投与できるのに
それもやらないとはねえ
 水素の瞳に力がこもる
書類作成をきちりこなすつうのはアンノウン係
に配属されて以来の俺の美学ズルするなんて問題
美学ていえばなんでもかこよく聞こえるのはガキ
の証なんだてよ
 ほといてくださいよと水素は半泣きになる
つもなら反論してくるのにこりこり相当に疲れ
ているねタフには早々に退散してもらうか
 ダブルは床に転がているタフの尻を蹴り飛ばす
起きろそういうわけで世界中に発生しているのは
水ようかんわかたかただしただの水よ
うかんなくて
世界中に一斉に発生するのが和菓子の水ようかん
つうのがおかしいていてんだろうが!
 逆切れのようにタフが立ち上がる相変わらず薬物か
ら回復するのが早い男だどうすればここまで早く体内
の薬物を体外へ排出できるのか筋肉マニアの医務室の
室長が知たら喜びそうだその割りには例の邪気を
取り除くガスにはそれなりに長時間感染していたけれ
どねその手の薬物には免疫がないのかな? なんとも
熱血でそれこそ短絡的な男だねえとダブルはにやりと
笑う
 いいか! と作業台を大きな手でタフは叩いた水素
の書類が再び宙に舞水素ははわわわわと書類
に向かて両手を伸ばした
このおよそ2万個体の検体はなたデタのとお
岩山の上とか砂漠の真ん中とか火山の脇にあたん
だぞ鉱物みたいにな少なくとも食い物じないこと
は明らかだろうが! それをよりによ水ようかん

だなんて論外だてんだ!
 どうでもいいけどこの男ぼくの最大の問題発言の
ただ水ようかんじないて点を無視したよ
想像以上のバカだなダブルは白衣のポケトに両手を
こむそして転送機に目をや
 こういう人間がいぱいいるから何万個体も検体
が送られてくる羽目になるんだねえ地球環境問題につ
いて骨の隋まで叩き込まれた上に常日頃から地球環境
問題と誰よりも直面しているRWMの社員ですらこのバ
ぷりだからな退院してきてもヘリウムくんの受難
はまだまだ続くてわけだねえ
 はああとダブルはタフから顔をそむけた
               5 へ続く NEW NEW
inserted by FC2 system
inserted by FC2 system