abstract

短編ミステリー。
触れた相手の不幸な記憶を吸い取る──留依のその力をまさか迷惑がる人間がいるとは。吸い取られた記憶を取り戻そうと懸命な青年・柊に留依は次第に心傾くも、柊の気持ちはその『不幸な記憶』の中の人たちにだけ。「わたしは彼が自死しないよう見張っているんですよ」夜な夜な留依のもとに現れる男はそう笑う。柊さんが記憶を取り戻したとき、あたしはどうしたらいいんだろう。 

about

【RWMシリーズ関連性】
『ペンギン事変』のベースとなる作品。RWMへ入社前のヒイラギが、マッドの監視下にあるときの物語。天川作品のかなり初期作品。
「weblio辞典」の『ひいらぎかざろう』で『ひいらぎかざろうに関連する本』として掲載。
【原稿用紙換算枚数】120枚
【読了目安時間】1時間
2013/10/29 配信開始

試し読み

◇◆試し読み◆◇
 雪で濡れた靴は階段のステプをたやすく踏み外した
うきと留依は素頓狂な声を上げて階段を転げ落
ちた
 痛みに顔をしかめつつ眼前を見ると青年がいた留依
の悲鳴を聞いて振り返ている
うわまずいどいてください
 ところが青年の動きは速か留依の腕をひいと
つかんで留依を助け起こしたのだ
駄目大丈夫ですか
 留依と青年の声が重なりそして留依ではなく青年が
その場に崩れ落ちた同時に留依の胸に大きな黒い塊の
感情が流れ込む
 ああと留依は青年を見下ろした
だから駄目だて言たのに
 またや
 留依はしがみこんで青年の様子をうかが血の
気はないものの息はしている無事そうだ
 幸いほかに人目はない留依は意識を失た青年に両
手を合わせる
ごめんなさい
 そしていつもどおり足早に青年から離れた意識を
戻した青年に問い詰められたら面倒だ
 地下鉄の改札を進みホムに出るとちうど地下鉄が
て来た
 安堵の息をつきかけて留依は目を見張
 さきの青年が血相を変えてホムに入て来る
れも留依めがけて走て来る
なんで? どうして起きられたの? あれからまだ十
分もたていないよ? しかもどうして怒ているの?
 ありがたがられるならまだしも
 とにかく地下鉄の開いた扉に留依は飛び込む青年も
閉まる扉に滑り込むのが見えた
 かつてのやり取りが脳裏に浮かんだうおおと留依
は頭を振て青年から逃れるように身を縮める

んとお父さんの言いつけどおり家でおとなしく
しておけばよか
 でもだけど留依はクリスマスツリを思い浮かべ
きらきらと点灯するイルミネプレゼント
をかたどた小さい銀色の箱の飾りそのどれにも目を
奪われた
モニタからはわかんないもんね
 それに数か月ぶりの外出だお父さんも大目に見てく
れるだろう
 大柄なサラリマンの間に挟まれるように立ていた
のがよかたのか青年は留依を見つけられないようだ
 自宅近くの駅で留依はそと地下鉄を降りた人波に
紛れて改札を出るどうやら上手く青年をまいたようだ
 再び讃美歌を鼻歌でうたいながら地下鉄出口の階段を
のぼり切たときだ
 背後から声が聞こえた
待て
 青年が階段の下にいた青年はまだ怒た顔つきをし
ている
 ひいと留依は走り出した青年も留依を追いかけて
来る痴話喧嘩とでも思われたか道行く人は誰も助け
に入らない
大丈夫この先は道が入り組んでいるから
 自分に言い聞かせて留依は雪で足場が悪くなた歩道
を走る脇道ひとつ入れば閑静な住宅街だよもやそこ
までは追て来ないだろう
 けれどもどれほど脇道に入ろうが迂回をしようが
青年は的確に留依をたどて追て来た
だからなんで? どうしてこんな迷路みたいな道をつ
いて来られるの?涙目になりつつ留依は走る
 気づくと自宅は目の前だ自宅は私道の行き止まりに
ある逃げ場はもうない
どうしよう家に入たほうがいいかな
もそうするとお母さんがびくしりてまた倒れちうだ
ろうし
 あわわと留依は両手を震わせた

 青年は肩で大きく息をして留依の目の前までやて来
息をするのも辛そうだ
はい?
返せ
何をでしうか一応とぼけてみる
おれから奪たものを返せ
 留依は耳を疑
 返して欲しい? 本気か?
 あらためて街灯の元で見ると青年は黒いコトの下に
黒いスツに黒いネクタイをしていた葬式帰り?
 そう思ていたところでいきなり青年が倒れた
と思わず留依は飛び退いたそのまま青年は動か
ない顔の辺りで白い息が見えたのでただ気絶しただけ
のようだ
当然だよねえ
 むしろそんな身体でよく自分を追て来たものだ
んな精神力の持ち主だと感心をする
あたしに記憶を吸い取られたら普通の人なら数
日は起き上がれないのに
 留依には生まれつき奇異な力があ
 触れた人の不幸な記憶を吸い取る力だ
感心している場合か
 玄関先でお父さんが立ていた留依は慌てて青年か
ら離れる
留依は布団を用意してお父さんが彼を担ぐから
家にあげるの?
この雪だ凍死させるつもりか?
 あうと留依は空を見上げた雪は勢いを増していた
明日までの積雪は十センチ以上になるだろう
 それからとお父さんは続ける
出かけるなら行先くらい書いていきなさい心配する
だろう
ごめんなさい留依は背後からお父さんに抱き付
 留依の力の影響を受けない存在は世の中に二人だけ
 お父さんとお母さんだ理由は不明だ
                続きは本編で
inserted by FC2 system
inserted by FC2 system