abstract

長編サスペンス・ティーンズラブ。TLボンボンショコラ文庫(デジタル)。
世界各地で台風やハリケーンが多発する事態が発生。しかもその台風はなぜか、気圧が950ヘクトパスカルになった瞬間に、急速消失する。その謎を追う、CSSのヒトヨミ。そのヒトヨミにRWMのキャットテールが「ひと目惚れしちゃった」と絡み出す。キャットテールの真の目的はなにか。そして、台風はなぜ急速に消失する? 官能シーン多めのサスペンスの行方は!?

about

【RWMシリーズ関連性】
多少設定は異なるものの(版元がハーレクインなので)台風の異常発達およびルートが人為的であることをアジア連邦の意図であることをつきとめたグローバルGがこの措置をRWMに依頼した案件。ヒトヨミはプチ氷河期時代にCSSに拉致された。
(『950ヘクトパスカル事件』)
【原稿用紙換算枚数】95,000文字程度
【読了目安時間】4時間
2014/12 配信開始

contents

chapter1  キャットテールは嘘をつかない
chapter2  キャットテールは獲物を逃さない
chapter3  キャットテールはデリカシーがない
chapter4  キャットテールは手段を選ばない
chapter5  キャットテールは男運がない、かもしれない
※イラストは 炎かりよ氏。

試し読み

◇◆試し読み◆◇
と見つけた捜した捜したどこに行
たかと思たわ
なんだお前は
と仕事を終えて岬に戻たら先生いないんだ
もの町中走り回たのよ? 会えてよか
 女はヒトヨミの隣に座るそして満面の笑みで続けた
あたしね先生に一目惚れしちたの
はあ?
結婚を前提におつき合いしてください
からかうのもいい加減にしてくれ
結婚は冗談だけど一目惚れは本当あたしの名前は
トテよろしくね先生
 猫の尻尾? 悪ふざけにもほどがあるヒトヨミは女
を無視してセロリにフクを突き刺した女は本気
の本気なんだからとヒトヨミの腕に手を絡ませた
 ちと声を荒げたのはマ兄弟だ
アタシたちのセンセに何すんのよ客じないなら
アルトビルをくださいそれからイチゴも
 マ兄弟は女をひとしきりねめつけて低い声を出
ンパンじなくてビル?
そうアルトビルがいいのん? もしか
してイチゴがない?
馬鹿を言わないで兄弟は胸を張る
ウチはベリズ・バイチゴだろうとラズベリ
だろうとブルベリだろうとクランベリだろうとな
んでも揃ているわよ
よかぷりのイチゴで
 はいはいと不機嫌そうに返事をしてマ兄弟は
山盛りのイチゴを女に差し出した女はと手
を叩いてイチゴを頬張り目尻を下げるその姿に警戒が
解けたのか兄弟は朗らかな声で女の前にアル
トビルのグラスを置いた

イチゴにはアルトビアルトビルにはイチゴ
先生との再会を祝して
 女はビルのグラスをヒトヨミのグラスへ合わせた
アルトビルを仰ぐ女は心底嬉しそうだ
 妙だな倦厭されるならまだしもすぐさま俺に懐
くなどあり得ない兄弟と馴染みになるのも数
カ月かか無駄に警戒させないようつい気安く岬
で返答をしたのが仇となたか
 そもそもとヒトヨミはウオカを口に含むこの女
には別の目的があるはずだザクロの探索とか新規兵
器の割り出しとかそうでなくてあんな台風の最中に
岬へ来るはずがない
 女の目的はなんだ? ザクロへ侵入するのに俺を利用
しようとしているのか? だとしたらヒトヨミはグラ
スを置いてフクに突き刺したセロリを口に含む
い度胸だ
 でとマ兄弟が女に振り向いていた
あなたも軍人さん? 見たことのない顔よね新顔さ
ん?
 きとんとして女はあははと笑い出した
違うわよあたし民間人だもん
 ヒトヨミは咳き込んだ台風が吹き荒れる岬に平然と
て来る女のどこが民間人だ
うんもう本当だてばウゼン部員なのリペ
ア屋て呼ばれることもあるかな
リペア? ああ靴とか鞄とかを直してくれるの? 
うどよかお気に入りの鞄の留め金が緩んじ
直してくれる?
 違う違うと女はイチゴを口に入れた
そうよく言われるんだけどねちのリペアじ
いんだな同じシウゼンでもモノじなくてカンキ
ウなの
は?
 マ兄弟の声に思わずヒトヨミは声を重ねた
環境への干渉域が2%を超えた案件にね修繕措置を
てるのもうねそんなんばかりうじうじ
措置しても措置しても終わんないきりがない

誰かがやんなきいけないからねお肌が荒れる
のも厭わずお仕事をしている訳なのよ
 女はべらべらと喋り続けた兄弟は目を丸く
しているがヒトヨミの警戒心は更に深まる靴の修理
ではなく環境問題? デタラメにしては器が大きな話だ
ザクロの周辺をうろついていた言訳に使うには悪くない
目くらましになる
 テブル席から注文が入て我に返たのか
兄弟は客慣れした声に戻
地球環境を守るなんて正義の味方みたいねえ
嬉しいな正義の味方かこいいいつも
ぼろくそにけなされているのよ? お前は何の味方な
んだてね決まているじないねえ地球の味方
 あははと笑て女はアルトビルを飲み干した
兄弟ははいはいと新しいグラスを女に差し出す
ヒトヨミはカウンタに肘をついて女と壁を作
に関わらないようチズオムレツを口に入れる小エビ
のサラダをフクに刺しつつ左手でウオカをグラス
に注いだ
 そのヒトヨミの背中に女が抱きついて来た広い背
と熱い息を吹きかけて来る
邪魔だ食べにくい
いいじない減るもんじなし
 女はじれつくようにヒトヨミの背中から首筋頭ま
でを撫で回したヒトヨミの髪が見る見る乱れる
止めろ鬱陶しい
つれないわね
あんたの冗談につき合う気はない
別に先生があたしのことをどう思ていようともそれ
はいいの相思相愛になれたらそれはもうベストだけど
あたしが先生を好きだてことが大事なのよ
 嫌な予感がしてヒトヨミは振り返女の唇が触れ
そうなほど近くにあ危なくヒトヨミは身を逸らす
好きな人が出来るて幸せ胸がぽかぽか温かくな
お肌の艶もよくなるのよ? 一目惚れに乾杯
                続きは本編で
inserted by FC2 system
inserted by FC2 system