abstract

2012年ペンギンフェスタ参加作品。
SF短編。まだRWMシリーズを書き始める前の作品で、作中のナユタにソラはRWMとは関係がない。

本文(全文)

 青くてきれいな星なのに
 さてどうしたもんかねえ
 ナユタはパイプに火をつけたパイプの口から白く甘
い香りの煙が立ち昇る
世界を終わらせろたくウチのボスは無茶
振りしてくるよねえ俺はいつもこんな役だ
 まいたねえとナユタはパイプをふかす
   *** *** *** 
 方法は任せる24時間以内に世界を終わらせ
 これがナユタが受け取た任務だ
相変わらず簡単に言てくれるねえたまにはやる身
にもなてほしいよねえとナユタは近場のベンチに座
 たまたま降り立た地は公園だ東西に細長く伸
びる公園だ
 公園の中央には噴水や花壇や芝生がありそれらを取
り囲むように木製の背もたれつきベンチが並んでいた
 噴水のそばにはトウモロコシを売るワゴンやソスヤ
キソバを売る屋台が出ている
 どこかの樹木が飛ばしたのかそこかしこに白い綿毛
が舞ていた木々の新緑は目にまぶしく葉が風にゆ
られてさわさわと音を立てている
 一方ナユタはロングジトに革のブそれ
にカバのしてあるライフルを背負た紺色長髪の30
代の容姿の男だ
 6月末の気候とはかけ離れた服装だ極寒の地でも対
応可能だ
 武器装着というのも尋常ではない
 それでもひと目を引かない
 なぜならナユタは人間の目には見えないからだ
 ナユタは地球人ではない
 環境コンサルタント業務を主体とする宇宙企業の銀河
系辺境地域担当実務部隊隊員だ
 任務遂行時には通常全身にバリアを張てある音声

も漏れない密閉性にすぐれたバリアだ同僚以外には見
破られない構造だ
取り早く星を氷で覆うか? スノ
だねでもねえあれも力技だしねえ
 ナユタは組んだ足のうえで肘をついた手のひらに頬
をのせて花壇の赤いペチニアの花を見るペチニア
の花の上でミツバチが飛んでいた
自然に見せるには巨大隕石を落とすてのもアリだけ
どねえ長年のキリアの反射神経で思わず隕石を叩
き割いそうだしね
 言いつつナユタはくすくす笑う
宇宙人の襲撃とか?
 ないないとナユタは顔の前で手を振る
この星を襲てくれそうな宇宙人を24時間以内に捜し
出し膨大なギラを払て襲撃させ星全体を壊滅さ
せるなど時間的にも資金的にも不可能な話だ
俺の給料なくなつうの
 あははとナユタは歌うように大きく口を開けた
ひと目がないとどうもジスチが派手になる
 ミジカルよろしくク転をしてから片膝をつ
両手を広げてポズをとりどうしたもんかね
と踊てしまいそうだ
 そのときだ
おじさんきからナニやてんの
 声がした
 ナユタはぎとして振り返る
 2人の子どもが立ていた
   *** *** ***  
 女の子は青い瞳が印象的で長い髪を頭の高い位置で2
つにしばていた
 男の子は褐色の肌に短く刈り上げた銀色の髪が印象的
 2人ともほそりとした体つきだそして2人はし
かりと手を握り合ていた
 なんともまあ可愛らしい子どもたちだ

子どもじないもう11歳だ
まだ11歳だからいろいろまわりがウルサイのよ
こうして外へ2人きりで出かけるにも親が妙な気を回
すしよ
 なるほどとナユタは居住まいをただして2人を見た
2人は親友てトコかい?
恋人だ恋人よ
 なるほどとナユタは再びうなずく親が心配するの
も道理だこの星のこの平和な地区で11歳にして子ど
もでも孕んだとなればひと騒ぎ起きること請け合いだ
キミたちには俺が視えるのかい?
 2人はそろて首をかしげた
つまりとナユタは両手人差し指で周囲を指差した
まわりの人間は誰も俺を気にかけない
アブナイ行動をしているひとに大人は近づかないから
と女の子が男の子の手を引いた女の子は用
心深く周囲をみまわす
 青い瞳をガラス玉のように輝かせて公園内を観察して
いるトウモロコシワゴンの売り子のおばさんから
の散歩のじいさんペチニアの花の上を飛ぶミツバチ
までをくまなく目を走らせる
本当みたいおじさんの言うとおり誰もおじさんが
ここにいることに気づいていないわたしたちが2人で
ているようにしか見られていない
マジかよと男の子は目を見張男の子は女の子
の言葉を疑わないようだ女の子が計測を誤ること
などないと理解しているようだ
 ナユタも同様だナユタはまいたねえ
舌をまく女の子が周囲を見回しているとき女の子の
頭の中から計算をする音が聞こえてくるかのようだ
 トウモロコシワゴンの売り子のおばさんをただ姿をみ
ただけでなくその仕草に行動パタ思考回路まで
を読み取ていた犬の散歩のじいさんしかりミツバ
チしかりだ
 おそるべき情報処理能力だしかも一瞬でやてのけ

 ナユタの所属企業の情報調査部員に匹敵する処理能力
まあいいやと男の子が突き放すように肩をすくめた
おじさんはおれたちにしか視えないOKそれでい
いよ
 ナユタはその場で転びそうになるこれまたなんと腹
の据わたというか度量が大きいと言うか適当というか
俺としてはどうして俺の姿を2人が視えるのかと
いうことのが重要な気がするがそれはこの2人の特殊
さゆえということか
だからおじさんはナニをやてんのさ
ん? ちとねえ考えていたんだよどうや
世界を終わらせようかと思てね
 騒ぎ立てるのかと思いきや2人の子どもは無言にな
   *** *** ***  
つまりと女の子が青い瞳をガラス玉のように動かす
おじさんは
ナユタだ
ナユタさんは死神?
はい?
てわたしたちにしか視えないんでし? それで
世界を壊そうとしているそれは死神でし
なるほど死神かと男の子が小躍りするのをナユタ
はパイプをふかして苦笑いした
残念だけど死神じないんだなあけどスルドイ
死をもたらすものという意味合いならそう思
くれていいよ
 女の子が男の子の褐色の手をつかんだままナユタへ顔
を近づけたいついかなるときも2人はひとつとでも言
いたげだ
どうして世界を終わらせるの?
困るのかい?
困るよと男の子が即答した
おれたち結婚したいししあわせになりたいし

今はしあわせじないのかい?
しあわせだけど
ならいいだろう?
よくない男の子は力を込める
まいたねえとナユタはゆたりとベンチに座りな
おした
地球の宇宙の渚て知ているかい?
大気圏の上空にあ地球をすぽり覆ているヤ
ツ? たしかそこでオロラとかスプライトとかいう
垂直に伸びるカミナリが発生しているんだよねと女の
子が答えた
すばらしいとナユタは拍手をする
その宇宙の渚の成分組成が変化している無視で
きないほど著しくね地球人人間が放出した物質が
主な原因と突き止めたんだよ
それが?女の子のととのた眉がゆがむナユタの
いわんとするところを先取りしたのだろう
 それでもナユタは口にする
宇宙の渚の成分組成が変化したために太陽からの
磁気嵐に作用をおよぼしてねおおざぱに言うと
太陽系全体のダクマタに干渉をはじめたんだよ
紋が波紋を呼んでいまや銀河系のこのオリオンア
にダクエネルギの吹き溜まりを作ているすでに
30000を超える恒星系の環境が狂い出していてね
一刻の猶予もないてコトなんだよて言てもわ
かんないか
 笑い飛ばそうとしたナユタに女の子が青ざめた顔で
大変じとつぶやいた
それて想像を絶するくらいの生態系に影響をおよぼ
していてその根源がこの地球てコトでし
 ナユタは薄く笑う本当に消すには惜しい人材だ
女の子の発言を黙て受け入れている男の子の度量も実
に惜しい
それにとナユタは付け加える
キミたちがどんなに文句を言てもムダなんだよ
の決定だからね俺はただ仕事で来ているだけだ
働いたことのないキミたちにはわかんないだろうけどね

社会というのはしがらみに満ちているんだよ
 2人は再び無言になる
   *** *** ***  
 意地悪するつもりはないそれでもナユタはついダメ
押しをする
そもそもこのありさまじあねえ宇宙の渚の件
がなくても俺もこの世界は潮時だと思うよ?
ここのどこが悪いんだよ男の子が唾をとばす
ポプラの綿毛だてこんなにふわふわ飛んでいるし
ガザニアの黄色い花は満開だラベンダて咲き乱
れているトウモロコシは甘くて香ばしくて最高だ
ここはねとナユタはくわえたパイプを上下に動かす
でも他はどうだい?
紛争地帯のこと?女の子が苦い顔をしてナユタを見
ナユタはうなずく
戦争をしていない地域それがどれくらいかわか
いるかい? たまたまここが安全地帯自分たちには戦
争とは直接関係ない地域だからここは悪くない世
なのかい?
イラクのミサイル撃墜事件のことばかり考えて暮らし
ていられないわ飢餓で飢え苦しむ子どもたちのことば
かり考えてもいられないわたしたちにも生活があるも
正論だナユタは指を鳴らす
ならどういう世界だたらよかたんだよ
くり返そうどういう世界ならいいと思う?
 2人は黙る思案しているようだその間も握り合
た手だけは離さない世界の最後の絆とでもいうようだ
ゆるがない世界てのはどうだだれも争わないし
みんなでなかよく暮らすんだどんな困難もみんなで協
力して立ち向かうどうだ完璧だ男の子が鼻を膨ら
ませる
いろんな変化がある世界がいいな風が吹いて木々が
揺れるようにいろんなことが起きるでも今の世界と
は違うのなんていうか

つまりとナユタは話をまとめる2人もこの世界
に不満というわけだ
 2人は言葉に詰まる
いいねえいいよキミたちが世界を創ればさぞ素晴
らしいだろうねえけどここはそうじないゆがみ
へだたり何事にも過ぎているやりすぎだ
 ナユタは言葉を切るパイプを深く吸てゆくりと
息を吐き出した
いろんな意見がある聞いていたらきりがないし
えることはただひとつなにごとにも終わりがある
ということさ
   *** *** ***  
ごめんね時間だよ
 ナユタは立ち上がるとライフルのカバをはずした
 そこでふと思いつく
キミたち名前は?
ダイチ男の子が答える
ソラ女の子が答える
いい名前だ
 ナユタは空に向かて引き金を引いた銃口から空に
向かてするどくまぶしい光が伸びてナユタの長い髪
が舞い上が
 一瞬だ
 まわりの景色が白色一色になる
 青い空も花壇にあたペチニアの赤色も緑色の木々
もトウモロコシワゴンの黄色もベンチの茶色もなにもか
もが真白になる
 公園だけではない地球全体だ白く分厚い氷で
覆われる山も海もなにもない見渡す限りの氷地平
線の先までなにもかもが氷だ海抜6000メトル
級の氷だ
 全球凍結スノルだ
 ナユタは氷の上に浮かんでパイプをふかした
結局は力技になるんだよなあ
 ひとしきり仕事ぶりを眺めてナユタは髪を掻いた

 そして口元をわずかに上げると氷の大地の上に手を
かざしたダイチとソラがいた場所だ
 やがてそこから2つの芽が姿をあらわした
コレくらいは規約違反にならないよねえ一度はき
ちりと世界を終わらせたんだしさあ任務はこなしたわ
けだし
 真白い大地の上で2つの緑色の芽がそよとゆれる
 地表の氷が解けるまでおよそ1000万年それまで
には宇宙の渚の環境も回復していることだろう
リアを張たナユタを裸眼で見抜ける力を持つダイチと
ソラ2人が創る世界はどんな世界か
俺もまだまだ甘いねえ
 苦笑をしてナユタは姿を消した
               
inserted by FC2 system
inserted by FC2 system